2010年04月22日

保育所の利用要件撤廃

保育所の利用要件撤廃と日経新聞のトップ記事に大きく取り上げられていた。

保護者がいつも昼間に働いているなどの用件絵を撤廃するそうだ。
良いことなのだろう。。。

昔々、わたくしの子供たちが保育園に行っていた頃、週に数時間しか働いていない人が子供を保育園に預けている人がいた。

市側にはばれていないのでしょうが、われわれはやはりわかってしまう。
フルで働いているお母さんたちは、
やっぱり「なにあれ!」という気分で見ているわけです。

なんてったって、それでフルタイムで働いているお母さんたちが子供を預けられなくて待っていなければならない、という状況になっているのでしたから。

だからといって、パートの人たちが預けてはいけないなんてことはなく、しっかりとそれなりの対応で受け入れ態勢を作っていくべきだと思います。

一度子育てに専念し仕事に戻ってくる主婦たちは、少しずつステップアップで仕事をしていかなければならないのですから。

きっちりと優先順位を見極めていく必要がありますね。

国は是非ともが補助する保育園の種類を拡充してくれるという。
非常に良いことであると思う。
是非とも保育所増設、待機児童の解消を目指していただきたい。

保育園は本当に良いところであったと思う。
子供たちにとっても早くから社会に入れる良いチャンスだった。
働いていたから保育園に入れられたが、おかげで彼らが保育園育ちになったことをありがたく思っている。
息子が0歳児から保育園にお世話になった母としては、ぜひとも働きたいお母さんが、安心して子供を預けて働きにいけるようになってほしいと思う。

いつもワンクリックのご協力ありがとうございます。
******************************************************
この春より育児休業サポートプログラムをご提供いたします。******************************************************
最高の人生を送るために「煌く自分創り」を致しましょう!
******************************************************
 女性の雇用・創出の応援をしてくださる方。
 最高の人生を送るため煌く自分を創りたい方。
 またこのブログにご興味を持っていただいた方。
blogranking.gif
 アイコンのワンクリックいつもありがとうございます! 
株式会社フラジュテリーは、わたくし代表取締役橘田佳音利ともども全力で、
ミドルエイジ(中高年)女性の転職・再就職求人のお手伝いを致します。
そして最高の人生を送るための、
すべての働く女性の応援とすべての方の「煌く自分創り」のお手伝いを致します!


わたくし橘田佳音利は煌きを引き出す人=マチュアバイザーです! 
*******************************************************


posted by フラ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ポジティブアクション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

    blogranking.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。